端午の節句~端午の節句は奈良時代、中国から伝わったといわれ、季節の変わり目の端午、つまり月の初め(=端)の、うま(=午)の日に病気や災厄を避けるため、薬草摘みや、厄除けの菖蒲を飾ったりしたのがはじまりだとか、午(うま)を『ご=五』とも読むことから、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日を端午の節句と呼ぶようになりました。やがて武家社会では菖蒲を尚武(しょうぶ)にかけ、男の子のお守りとして、その成長を願い、菖蒲や鎧兜、幟を模した吹き流しや鯉のぼりを飾るようになっていきました。