新しいブランド JHS Milkman The / Pedals-エフェクター

新しいブランド JHS Milkman The / Pedals-エフェクター


  • JHS Pedals / The Milkman

    The Milkmanは、JHS PedalsのJosh Scott氏と真空管アンプ/エフェクターメーカー「Milkman Sound」のTim Marcus氏のコラボレーション・アイディアから誕生したペダルです。コンセプトはいたってシンプルで、エコー/スラップディレイと、常時ON状態のエンハンサー、もしくは小型アンプ用のオーバードライブとして使用できるブースト機能を併せ持ったペダルです。JHS PedalsのJosh Scott氏が2016年にサーキットをデザインしてリリースされた、どんなスタイルにも対応できて簡単に使える2 in 1のペダルです。それではコントロールを見ていきましょう。

    ペダルの右側がブーストセクションです。このブーストは、大きなパワーとサウンドキャラクターが特徴のディスクリート・アンプ・サーキットです。簡単な設定としては、Boostの設定値をユニティ・ゲインまで下げ、常時ONのままエンハンサーとして使用することで音を太くクリアにします。時計回りに回せば、チューブアンプをプッシュしナチュラルなオーバードライブサウンドを作り出します。左側はエコー/スラップ・ディレイのコントロールセクションです。このサーキットは、テープエコーとアナログBBDディレイのハイブリットをエミュレートしており、両方のトーンをカバーします。設定は簡単で、どんなセッティングでも良いサウンドが作り出せます。Slapノブは、ディレイタイムを調整します。ノブを上げるとディレイタイムが長くなりますが、このペダルは短いヴィンテージ・スラップバック・ディレイタイムに設計されていることに留意して下さい。Mixノブは、エフェクトレベルを調整します。反時計回りいっぱいに設定すればドライ音(原音)だけ、時計回りいっぱいに設定すればウェット音(エフェクト音)だけが出力されます。Repeatノブは、エコーまたはリピートの回数を設定します。最小は1回、最大で約4.5回リピートします。Repeatノブを微調整しながら、ディレイ音の回数を設定してください。EQノブは、リピートされるディレイ音のみに影響し、それによりエコーサウンドの音色をブライトにしたりダークに調整することができます。反時計回りいっぱいに設定すればオールドのBBD素子を採用したアナログディレイのようなダークなサウンドになり、時計回りいっぱいに設定すればクラシック・テープディレイのようなブライトなサウンドになります。

    エコー/ディレイ・タイムは、最大約240msです。

    フットスイッチは基本的な2in1アレンジメントで、2つのエフェクトを同時、もしくは別々にON/OFFを切り替えられます。左側のフットスイッチはディレイのON/OFF、右側のフットスイッチはブーストのON/OFFを切り替えます。

    電源は一般的な9V DC/100mAセンターマイナスアダプターでご使用いただけます。

    ※在庫切れの際は、お取り寄せにお時間をいただく場合がございます。

  • PR
  • ほぼ全品ポイント15倍~最大43倍+3倍!お得なクーポンも! NULUX RF SPORTS 1.60 SUNTECH M HOYA (ホヤ) レンズ サンテック ミスティ ニュールックス アールエフ スポーツ 1.60 内面非球面 調光 度付き
  • WHITE PAPER