●スケール:1:18 レジンモデル

●メーカー:Cult Models

●TR7は全く新しいモデルとして、厳しくなる一方の米国安全基準でオープンカーが遠からず禁止されるものと予測し、2座席クーペボディのみで開発された。この背景には、豪華装備を備えたGT志向のニッサンフェアレディZが大きく影響を与えており、実際、TR7は「トライアンフが解釈したフェアレディZ」とも言える。当時のBL社のチーフデザイナー・ハリス・マンによる奇妙なウェッジシェイプのボディに1998cc105馬力(米国仕様は92馬力)のSOHCエンジンを搭載し、車両重量も1000kgと重かったため、性能的にも平凡であった。ただし、ショートホイールベースとワイドトレッド、適切なサスペンションチューニングが功を奏し、ハンドリングが劇的に向上した。実際、CG誌の筑波サーキットでのテスト結果では、パワーウェイトレシオに勝るポルシェ924やサバンナRX-7と同程度の1分24秒を叩きだしている。また、シリンダーヘッドから上部をOHCながら4バルブの「トライアンフ・ドロマイト・スプリント」のものに換装し、120馬力を達成する「TR7スプリント」も計画されたが、頻発する工場のストライキのため、若干のプロトタイプと、ラリー用の競技マシン「TR7-16V Rally」(220馬力を発揮する)のみに留まった。(ただし、今日、存在するTR7をスプリント仕様に交換するキットはサードパーティから発売されている)。

MAKEPOって何?

【予約販売品】 TR7 - TR7ドDHCTRIUMPH トライアンフ 1980年モデル 1:18 カルトモデル Model Cult DHC Models Cult by 1/18 1980-ミニカー・トイカー

【予約販売品】 TR7 - TR7ドDHCTRIUMPH トライアンフ 1980年モデル 1:18 カルトモデル Model Cult DHC Models Cult by 1/18 1980-ミニカー・トイカー!