【返品種別A】
□「返品種別」について詳しく□

メーカー保証期間 2年


「担当者のコメント」

★スペンドールは1969年創業のスピーカーブランド。半世紀を超える歴史を誇り、流行に左右されず現在までスペンドールトーンを貫き通しています。
同社が目標としたのは、「スペンドールマジックにより、バランスが良く、美しいナチュラルなサウンドをリスナーにお届けする」でした。 最高級の天然材を使用し手作りに徹したキャビネットは、共振や振動変化を防ぐためだけに作られたものではなく、あくまでユニットの性能を補完するために設計され、内部補強材から格子織りフロントグリルに至るまでこだわりと高級感に満ち溢れています。
スペンドールは新開発のスピーカーユニット、新クロスオーバーネットワーク、キャビネット構造の見直しなど、伝統のスペンドールサウンドに最新の技術を投入して完成させた「新Classicシリーズ」から小型ブックシェルフ型を開発しました。
『 Classic 3/1 』は「SP3/1R2」の後継にあたるモデルで、『 Classic 3/5 』同様、新開発のEP77ポリマーコーンや、クロスオーバーネットワークを搭載し、キャビネットも新構造になっています。ユニット構成は22mmソフトドームと、180mmに大型化されたウーファーの2ウェイで、こちらはバスレフ型です。周波数特性は40Hz~25kHzと低域が拡大され、、出力音圧レベルは89dB、最大入力は150Wと強化されています。
やはりウーファーの大きさと密閉・バスレフの違いが低域に反映され、スケールは大きくなり、音場も拡大されます。しかし『 Classic 3/5 』同様、中高域の繊細で微妙な表現は、特に弦との相性が抜群で、ボーカルでは顔の表情まで浮かんで来そうな程人間の温度感さえ感じさせてくれます。このスペンドールの"新「Classic」シリーズ"には、英国伝統の渋さに通じる"ブリティッシュサウンド"が今なお生き続けています。
さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 


★新開発スピーカーユニット、新クロスオーバーネットワーク、キャビネット構造の見直しなど、伝統のスペンドールサウンドに最新の技術を投入して完成させた新Classicシリーズ
◆伝統のスペンドールサウンドに最新技術を投入した新Classicシリーズ
◆2ウェイ2スピーカーのバスレフ型ブックシェルフスピーカー
◆新開発の低域ユニットやクロスオーバーネットワークの搭載、新構造キャビネット等内外を更新
■ 仕 様 ■
  • 形式:2ウェイ2スピーカー、バスレフ型
  • 高域ユニット:22mm広帯域ソフトドーム
  • 低域ユニット:180mmEP77ポリマーコーン
  • 出力音圧レベル:89dB
  • インピーダンス:8Ω
  • 周波数特性:40Hz~25kHz
  • 最大入力:150W
  • クロスオーバー:3.7kHz
  • 入力端子:金メッキバナナプラグ対応、バイワイヤ対応、4mm穴
  • 外形寸法:(幅)220×(高さ)394×(奥行)285
  • 質量:10.4kg

[CLASSIC31]

スペンドール


(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)